alternative distribution

alternative distributionではpunkを中心に音源、書籍などを取り扱っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

stall!!

明日stall出します!!


4/22(sun)
N.A.N.S Presents
★TRUE JUDGEMENT GIG VOL.7★@名古屋HUCKFINN
17:30 OPEN18:00START
TICKET:2,000yen+1Drink500yen
TICKET予約 2/1~:N.A.N.S HP、HUCKFINNまで!

BAND/
NOT A NAME SOLDIERS
CRUCIAL SECTION(東京)
TOYLET(神戸)
A.O.W(横浜)
UNHOLY GRAVE
PROLETARIART
JxFxC


よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
  1. 2012/04/21(土) 15:15:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONDON PUNK SENCE REPORT 1

こんにちは、今回UK PUNK シーンレポートを書くに至ったのは、個人的にここ数年の間に何回か渡英し
影響を受けたりした事が多かったのと、ここ最近UK PUNK シーンが日本にほとんど情報も入って来ないと言う状況もあり
紹介しようと思った次第である。では今回はLONDONのシーンについて。
PUNKのGIGはSQUATやPUBそれにアナキストが運営するソーシャルセンターなどでアンダーグラウンドのGIG
が行われていて、日本の資本主義の上で成り立っているPUNKのGIGとの決定的な違いはチケットノルマやホールレンタルと言った自分達のGIGを商品の一部
としてライブハウスなどに丸投げしBANDもオーディエンスも消費する商業的なやり方では無く、
仲間同士、協力しあい自分達で全てをコントロールし自分達の居場所を作り出す為に運営している。
一方でCONFLICTが企画しているホールクラスの会場で何千人ものPUNKSが集まる様な、大きなGIGも年に何回か行われシーンは盛り上がっている。
(こう言ったGIGも祭りの様にタダ騒いで終わりでは無く何かに対してのBENEFITされている事が多い)

そしてシーンもバンド中心では無く、GIGを企画する人も多いしP.Aチームが居たり、レコード屋と言うのもほとんど無く
ディストロする人が毎回GIGでストールを出したりと役割分担も色々あって皆、自分達の居場所は自分達で作ると言う
DIYに基づいたシーンを人まかせにするのでは無くみんなで盛り上げていると言った感じだ!!
毎年6月に行われているSCUM FESTと言う3DAYS BENEFIT GIGや、昨年再開されたLONDON北部でのPUNKS PICNIC
などシーンは活発に動いている。ではまずはその事について書いてみたい。SCUM FESTは3年前まではBRIXTONのPUB
"GROSVENOR"で3日間行われ、その間のお昼にBRIXTONの公園でPUNKS PICNICが行われ、GIGやVEGAN FOODを食べたり
酒を飲んだり、アウトドアスポーツを楽しんだり、みんなの交流を深めたりとシーンの活性化に一役かっている様だ。
一昨年は車のショウルームをSQUATしてGIGは2日間行われ、3日目はPUNKS PICNICが行われた。
2008年にはWINTER SCUM FESTも行われE.N.T.やHELLBASTARD,E.O.MにBAIT(DEVIATED INSTINCTのMIDとSNAPAのNEW BAND)
などの出演で1IN12CLUBのBENEFIT GIGとしておおいに盛り上がった様だ!!昨年の4/10にもSCUM FEST COLLECTIVEがHIATUS(BELGIUM)
SEDITION(SCOTLAND),
CRESS,INFEKCJA(POLAND)の出演で、ポーランドの反人種差別と反ナチ団体のBENEFIT GIGとしてTHE DOMEで行われ、DOMEの前にはGIGが始まっても長蛇の列が
出来て居た!!
昨年の6月にも3日間のBENEFIT GIGが行われ,今回はLONDON 南部のSQUATでHELLKRUSHER,COITUS
VOSIONS OF WAR,TERATOIDなどが出演して盛り上がった様である!!
今年のSCUM FESTでは、OPPRESSED,EL BANDA,DOOMなどが出演したようです!12月にはWINTER SCUM FESTも行われる様でG.B.H.ENGLISH DOGSなどが出演する様です。
NORTH LONDON PUNKS PICNICは一昨年から又再開され、4/29~5/1の間4DAYS GIGがLONDON北部の各会場で企画されHUCKNEYのCHAT PALECEでのOI POLLOI
CRESS,ACTIVE SLAUGHTERなどの出演したGIGはソールドアウトになりたくさんの人々でおおいに盛り上がった様だ!!
昨年は7/3.4の2日間で行われた。
次はREKNAW(WANKERの逆のスペル)と言うP.AのサウンドチームがLONDONにはあり、前途のSQUATやPUBでのGIGやPUNX PICNICでのP.Aをしたり
LONDONのBANDのTOURの時のドライバーをしたりバンを提供したりLONDON PUNKシーンでの重要な役割を果たしている。
昨年行われたDERBY PUNX PICNICでREKNAWのRISKYと話す機会があったのだが、アンダーグラウンドの小さなBANDをCAREしたり
GIGを企画したりBANDと一緒にTOURに出かけたり、今後も続けて行くとの事を言っていて、今後もシーンとって必要不可欠だ!!
そのREKNAWも8月の終わりFUK READINGと言うSQUATでのGIGを企画している昨年もFUK,ACTIVE MINDS,PISSCHRIST,RESTARTS
LEFT FOR DEAD,DREAD MESSIAHなど多くのBANDが3日間に渡り出演した。
数年前に見たREKNAWがP.Aを努めたICONS OF FILTHのシンガーのMEMORIAL GIGがWHITECHAPELの刑務所をSQUATして行われたGIGが
印象的で、この日のGIGは当日も場所が決まっておらず発表されたのが夜の10時過ぎで、自転車で会場に向かい12時過ぎに到着し中に入ってみると
もう1000人以上のヨーロッパ中から集まったPUNKSでギッシリ!!BROKEN BONESやRIOT/CLONEなどの出演で盛り上がったのをハッキリと覚えている!!
ここ最近も学生とアーティスト集団がメイフェアーと言うロンドンの一等地の部屋数が30部屋も有る大きな建物(時価9億もする物件らしい)のSQUATに成功した様で実に痛快である!!
そしてLONDONには56@INFO SHOPと言うソーシャルセンターも重要な役目になっている、ここにはPUNKシーンのみならず、近所の住民や
アクティビストに子供達とたくさんの人々からも利用されている。オーガニック食材の販売や子供達の自転車を直したり、世界中のアナキズムのついて
の文献やVEGAN料理の本やあらゆる反権力についての文献などが置いてあり、PUNKのレコードやCD,Tシャツやバッヂ本などをNON PROFITでの販売も行っている
アクティビストやPUNKSの為にWORK SHOPが開かれたりもしている。
そして忘れてはならないのがLONDONにはたくさんのBIKE PUNK(自転車で行動するPUNKS)が居る。坂などの凹凸が少ないと言う地理の条件も良いと言う事や公共の乗り物の料金が高い
のも理由の一つ
であるが、車社会に抵抗する為や石油戦争に対してのガソリンをボイコットする為の直接行動であったりと言う事の様で、こういうシーンが
トヨタ自動車のお膝元の愛知県でもBIKE PUNKが多くなれば面白いと個人的には思う次第だ!!
LONDON北東部に位置するHUCKNEYと言うところにはPOGO CAFEと言うVEGAN CAFEがあり、HUCKNEYにはPUNKも多く住んでいる事もあり
多くのPUNKが食事にきたり無償で働いたりとPOGO CAFEに深く貢献している。ここのVEGAN FOODは美味しくPUNK BERGERなんて名前の
VEGANハンバーガーがあったり、特にVEGANケーキは絶品である!!CAFEのほかにもPUNK映画の上映やアコースティックライブなども
行われZOUNDSのSTIVE LAKEなども出演したりしている。またHUCKNEYにはACTIVE DISTORIBUTIONと言うおそらくUKで最も活動的な
DISTRIBUTIONがあり、レーベルも運営していて今迄にRESTARTSやZOUNDS,DIRTなどをリリースしている。
最近ではアノACTIVE MINDSの初となるCDをリリースしたりLEFT FOR DEAD,REFUSE/ALLやACTIVE SLAUGHTERのアルバムなどをリリースしている。
彼等は他にもPOGO CAFEや56@INFO SHOPの運営に関わったり、VEGAN食材の問屋で働いたりと名前の如くACTIVEに活動している!!
彼等は僕にきっぱりと言った!「これは革命だ!!」正にそのとおりだと僕は思う!!
他にもEUSTON SQUAREの近くにあるSQUAT(大きい赤黒の旗が目印)SQUAREでもGIGやWORK SHOPなどが行われている。
ACTIVE DISTRIBUTIONが何年か前に何度か行ったアンダーグラウンドレコードフェアもここSQUAREで行われイギリス各地からのDISTRIBUTER
やレーベルが集まり行われアフターパーティーではACTIVE MINDSのGIGが行われた。
THE RAMPARTと言うソーシャルセンターでBENEFIT GIGが行われたりもしていてPUNKSとACTIVESTは同じ権力に対しての抵抗者として
密接に繋がっていると言えよう。
そしてCAMDENにLONDON唯一のPUNK専門のRECORD SHOP" ALL AGES RECORDS"もあり世界中のRECORDやBANDのマーチャンダイズや
POLITICALな本やGIGのチケットなんかも取り扱っている、ここを運営しているNICKとアヤコさんは親切でとても気さくな良い感じのRECORD SHOP
だ。アヤコさんは日本人なので日本語でもOKなのでLONDONに行く機会があったら是非立ち寄って貰いたい場所の一つだ。
今後も日本のBANDの音源も力を入れたい様なので興味のあるBANDはコンタクトを取ってみるのをおすすめしたい!!
ERODING EMPIREはLONDONでのPUNKのGIGやデモやANARCHIST BOOK FAIRなどを日程の紹介しているサイトでPUNKSとACTIVESTの貴重な
情報源として利用されている。
もう一つLONDON PUNK GIGSと言うMY SPACEのサイトもありLONDONでのPUNKのGIGの情報を得る事が出来る。
そしてLAST HOURSと言うファンジンもLONDONのシーン知るには重要な情報源と言えよう。年に何度か発行している。
LONDONのBANDやLONDONにTOURに来たBANDのインタビューやレコードレビューはもちろん、
LONDON PUNKへの色々なアンケート調査の結果報告や反G8のデモのレポートやBIKE PUNKの記事やPOGO CAFEや56@INFO SHOPにACTIVE DISTORBUTION
へのインタビューやVEGAN FOODのレシピにCIDREの作り方などPUNK シーンに限らず抵抗者の為のファンジンと言っても良いであろう。
こう言った事を考えてみるとLONDON PUNKSは日本の殆どのPUNKSとは違い、スタイルや音楽ONLYと言う趣味の様に楽しむだけや
知識だけで何も行動を起こさずに居たり、POLITICALな発言や行動を固いなどと言って抽象するだけでは無く。
何に対して怒りを感じ抵抗し何をしたら良いかと言う意識も高い様に思う。
例えばその証拠,身に付けている物が高価なPUNKギアと言う物は殆ど無く第三世界からの搾取を行っていないNO SWEATの物であったり。
GIGではレコードやCD同様にポリティカルな本などもディストロされていて、皆それを興味深く本を見たり読んだりしている
光景を何度も見かけたり、ACTIVE SLAUGHTERが企画したメーデーのGIGの前日に、メンバーの一人がA.L.F.動物解放運動の直接行動に加わり
逮捕されBANDはキャンセルになったがOI POLLOIなどが出演し急遽逮捕された人達のBENEFIT GIGとして£1をカンパを募ったところ
皆が進んでカンパしていたりしていた。
メーデーの日は道でPUNKSに会うと挨拶代わりに、「今日のメーデーのデモで会おう!」「HAPPY MAYDAY!」と声を掛けられたりした。
昨年の渡英の際に、まず聞かれた事は、北海道の洞爺湖で行われたG8サミットの事であったりした.
と先進国の第三世界に対する搾取の問題や動物解放運動や社会的そして政治的問題なども音楽同様に関心が高い様に思う。

最後に日本でも少数派ではあるがSYSTEMに対して抵抗し自分達の居場所を作る為に行動しているPUNKSも居る!!
東京にはIRREGULAR RHYTHM ASYLUMと言うINFO SHOPがあったり。抵抗食の会(仮)と言うFOOD NOT BOMBの様な
活動でVEGAN FOODの提供をしている人達も居るし、最近ではライブハウスでのGIGに疑問を感じ、少しでも低コストで自分達の手でGIGを出来る様スタジオや
BARなどを借りて企画するBANDや関西のOLD PUNKSには懐かしの京大西部講堂の存続問題で学校側と自治体との闘争で自治体と協力して企画している人達も居る。
他にも草の根で、ファンジンやディストロしたり、アクティビストと協力して活動している人達も居る。
考えるだけでは無く、まずは出来る事から少しでも良いから行動をする事が大事である。
待ってるだけでは何も変わらない!!まずは自分から結果を恐れずに行動する事、そして安っぽいボランタリズムに傾倒したサポートでは無く連帯する事が重要であると
僕は思う!!
では次回はLONDONベースで活動しているBANDの紹介をしたい!


LEADER


ERODING EMPIRE
http://www.eroding.org.uk/

LONDON PUNK GIGS
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=200116083

ALL AGES RECORDS
http://www.allagesrecords.com/

ACTIVE DISTRIBUTION
http://www.activedistribution.org/

POGO CAFE
http://www.pogocafe.co.uk/

56@INFO SHOP
http://www.56a.org.uk/

LAST HOURS
http://www.lasthours.org.uk/



注*この記事は以前やっていたBLOGに2.3年前に載せた物なので少し古い情報も含まれます!!
  1. 2012/04/12(木) 19:15:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COP ON FIRE

COP ON FIRE/WELCOME TO THE FREE ZONE CDR ¥1000
ベルギーのANARCHO SKA DUB BANDのCDR.
THE USUAL SUSPECTSやINNER TERRESTRIALSなどを思い起こさせるSOUNDです!

SPLIT/COP ON FIRE COMBAT WOMBAT CD ¥1000
前者はDUB色の濃いPUNK BANDでその手のBANDが好きな方にはオススメです。
後者はオーストラリアの民族音楽やRAPやSKAなどをMIXさせた感じで唯一無二なSOUNDでオススメです!!
  1. 2012/04/05(木) 20:08:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

THE USUAL SUSPECTS

THE USUAL SUSPECTS/BREAKING BARS AND CRUSHING CODES CD ¥1000
ベルギーのANARCHO SKA DUB PUNK BAND!!2ND ALBUM
1STALBUMではOPERATION IVYの用なSOUNDでしたが、この2ND ALBUMではDUB色が濃く出ていて個人的にはこちらの方が好みです、INNER TERRESTRIALSが好きな方にはオススメな内容です!!
  1. 2012/04/04(水) 20:46:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CARTOUCHE

CARTOUCHE/JE TRAHIRAI DEMAIN CD ¥1000
KOCHISEの女性ベーシストがボーカルのポリティカルパンクロックBANDの2ND ALBUM.
SOUNDの方はKOCHISE MEET LA FRACTIONと言った感じでその手の物が好きな方にはオススメです!!
  1. 2012/04/02(月) 19:58:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAINE BRIGADE/KOCHISE

SPILT/HEINE BRIGADE. KOCHISE CD ¥1000
FRANCEのANARCHO PUNK BAND!!
前者はLA FRACTIONや最近のユーロメロディアスパンクの流れをくむ女性ボーカルでその手の好きな方には間違えの無い内容です!後者はCONFLICTとのSPILT EPも出していたパリのANARCHO PUNK BANDでSOUNDの方は男女の掛け合いのメロディアスなPUNK ROCK!!
  1. 2012/04/01(日) 10:34:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。